タップして閉じる

お知らせ

2021/03/19

【柔整・鍼灸マッサージ】マイナンバーカードの保険証について

3月よりマイナンバーカードを被保険者証として使用できるようになりました

【追記】医療機関・薬局での本格運用は延期になりました。10月開始予定です。

整骨院や鍼灸院マッサージ院で使用できるの?

今のところ使用する事ができません

使用できるのは、オンライン資格確認が導入されている医療機関・薬局のみです

療養費を取り扱っている、柔道整復・はりきゅう・マッサージの受領委任を契約している院は対象ではありませんので、今まで通り保険証を確認する必要がございます。

 

厚生労働省のホームページにて、マイナンバーカードの健康保険証利用対応の医療機関・薬局について検索できます→リンクはこちら

 

厚生労働省のホームページでは、わかりやすい動画もいろいろ公開されております。

 

マイナンバーの保険証のメリット・デメリット

今後施術所で使用できると仮定します

【メリット】

施術者:提示した時の保険証の最新の情報を読み取れるので、資格喪失などの返戻が防げる可能性があります。

患者:保険証が変更になった場合など、保険証の発行を待つことなく、マイナンバーを提示すれば施術を受ける事ができる。

【デメリット】

施術者:導入する際はカードリーダーを準備する必要がある。

患者:マイナンバーカードを発行していない場合、発行する手間が増える。

 

【現時点で気になる点】

施術者:現在は保険証を確認しないといけないが、マイナンバーカードのみで保険証を持っていない患者さんが来る可能性がある。

患者:使える医療機関・薬局を見分けるのがわかりにくい。施術所で使えないのを知らない可能性あり。

 

最近の保険証で枝番を見かけませんか?

これも、マイナンバーカードを被保険者証で使用する事の影響です。

保険者によりますが、記号・番号とは別に枝番がついている保険証が発行されております。

これは、オンライン資格確認が開始される事に伴い、保険証の記号・番号を個人単位化する必要があることから、新たに発行される保険証の記号・番号に枝番が印字されることになっているようです。

 

 

少しずつ、制度が始まり、今後普及していくようになるかと思われますが

現在、施術所では使用できない事を伝える必要があります。

今後、柔道整復・はりきゅう・マッサージの施術所で使える日も来るかもしれません、取り扱うまで準備が必要そうです、施術所でマイナンバーの保険証の件でお知らせがございましたら、随時お伝えいたします。

 

今回のコラムは小島が担当いたしました。

 

過去のコラム

2021/3/11 変形徒手矯正術について

2021/3/5  長期・頻回の患者様について

2021/2/26 こんな返戻にはご用心

2021/2/19 施術報告書について

2021/2/12 改定後の同意書について

 

◎鍼灸マッサージ師会 サービスのご案内

◎施術賠償責任保険 及び 準会員のご案内

 

業界情報などいち早くお伝えいたします
安全保障鍼灸マッサージ師会のツイッターはこちら